フリーソフトやTorrent紹介 なんでもブログμ

フリーソフト・便利ツール・ファイル共有ソフト、裏技情報や漫画DLサイト・音楽・、Torrentサイト・動画共有サイトを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新

してませんwww
スポンサーサイト

テレビゲーム開発からパチンコ業界を目指す 楽しく安定した生活を望むクリエイター


 クリエイターを目指す若者達の就職希望先で、人気が急上昇しているのがパチンコメーカー。一昔前なら人気の業界はゲーム、音楽、出版だったのが様変わりしたようだ。

■新卒の就職希望者がSANKYO は1.5倍に

 近頃のテレビ見ると「エヴァンゲリオン」「北斗の拳」「アタックNO.1」など、人気アニメのパチンコ台のCMが多数放映されている。パチンコ業界そのものは、ここ10年以上も人気が下降、ホールを運営する会社の倒産が相次いでいるが、パチンコメーカー各社は増収増益になるなど活気付いている。パチンコ台は、大きな液晶の画面を搭載し、三次元CGを駆使するなど、まるでテレビゲーム機を彷彿させるものへと変化している。

 パチンコメーカー大手のSANKYO、サミーは、ともにここ数年、入社希望者が急増している。目立って増えている職種がパチンコ台開発を希望するクリエイターだ。SANKYOに入社希望をする新卒のエントリーは、数年前と比べ1.5倍以上になっている。これはクリエイター志望者が増えていることが影響している。中途採用の募集に対する応募も増え、特にゲーム業界のクリエイターからの転職希望者が目立つ。

 かつてクリエイターを目指す若者が目指したのは、ゲーム、音楽、出版などの業界。しかし、出版不況、音楽CDが売れない時代が続き、ゲーム業界でも好調なのは一部のメーカー。作品によって当たり外れがあるため、給与が不安定。しかも仕事はきつい。パチンコ業界は業績が落ちたといっても25兆円といわれる巨大産業である。パチンコ台の販売ルートがしっかりしていて、業績が安定している。だからクリエイター希望者はこの不況の時代でも安心して勤められる職種、と判断しているのだそうだ。また、ゲームの開発は昼夜無く続けられる場合が多いのに対し、パチンコ台の場合はメリハリを付けた仕事行程になっていて、生活のリズムを作りやすい、という理由もあるそうだ。

 ゲーム会社からパチンコ業界に転職した30代の男性クリエイターは転職の理由を、

  「ゲームに比べ少人数で開発するため、担当する分野が広くやりがいがある。また、次々に新しい機種を開発できるため面白いと思った」

と話す。ゲームだと大作になれば開発に数年かかり、また200人以上のチームで開発する場合は、

  「ゲーム影像の芝のCGだけを作り続けるだけで、これが何に使われるのかわからない」

という嘆きもあった。パチンコ台は1台あたりおおよそ十数人のチームで作り、開発期間はだいたい1年。CG担当でも主要な画面の制作に関わることができるし、多くの機種の開発に携わることができるのも魅力だ。

■セガのクリエイター、サミーに転職希望?

 サミーは、グループ会社セガの小口久雄元社長を開発部門のトップ(専務取締役)に迎えている。セガのゲーム作りのノウハウを生かし、パチンコ台の面白さをより高めることが狙いだ。そんなセガのゲームクリエイターの中にも、パチンコ台の開発をしたいという社員が現れているのだという。

 サミーの広報は、

  「影像、音楽など様々なクリエイターにとって、パチンコ台開発はこれからも人気職種として注目されていくのは間違いないと思います」

と話している。


■関連記事
パチンコ人気回復の兆し? 「不況に強い」神話が浮上 : 2009/01/09
客離れパチンコ業界 「カジノ法案」でさらに苦境? : 2008/02/28
低料金で人気の「1円パチンコ」 4円玉に悪用で店はピリピリ : 2008/01/22
磯山さやか 「ヌード披露決定」で戸惑い? : 2009/05/08

渋谷ファッションはどこへ? 「ギャルのギャル男化」現象  : 2009/05/08

リンク:Yahoo!ニュース

景気回復 今回は「ナイキ型」それとも「L字型」? 製造業の在庫削減、急速に進む


 「ナイキ型」の景気回復か、それとも「L字型」なのか――。リーマン・ショック以降の景気悪化がやわらいで、「景気は底を打った」というエコノミストが現れるなか、その回復基調を表す曲線として使われている。かつての急激な「V字」回復ほどではないものの、「NIKE」のシンボルマークのような、緩やかに、徐々に加速していく景気回復を期待する気持ちがある。

■在庫削減がGDPを押し上げる

 景気が回復基調にある証拠のひとつは、製造業の在庫削減が急速に進んでいること。経済産業省の鉱工業生産指数(速報値、2005年=100)によると、2009年3月の在庫指数は3.3%低下して100.1だった。電子部品やデバイス(いわゆる半導体関連など)を中心に、電気機器などで在庫の過剰感が薄らぎつつあると報告された。

 日本銀行の白川方明総裁も4月30日の記者会見で、「景気面では、2009年前半は内外の在庫調整の進捗を背景に、景気悪化テンポが徐々にやわらいで、しだいに下げ止まりに向かうとみられる」と発言。日銀は国内の在庫水準について、08年10-12月期に上昇したが、09年1-3月期には上昇に歯止めがかかるか、減少に転じているとみており、「生産調整が一巡すれば、実質成長率を押し上げる」と指摘した。

 実際に企業の在庫状況は急転している。電機大手の東芝は、半導体事業において09年6月も5~10日間の一時帰休を行うが、2~3月に比べて期間を短縮した。あらゆる製造業の「要」ともいえる素材産業、なかでも半導体市況は過剰在庫の解消と中国などの新興国での需要で、「底打ちが見られる」(第一生命経済研究所・主席エコノミスト嶌峰義清氏)ところにまで回復してきた。

 半導体は中国で、携帯電話の端末需要としても伸びているという。

 人員削減など、多くの「血」を流しての大幅な減産を進めた自動車メーカーも、トヨタ自動車をはじめ増産体制にシフトする。トヨタのお膝元、日銀名古屋支店の前田純一支店長は「自動車産業の在庫整理はおおむね終局を迎えつつある」との見方を示している。

 自動車産業は部品や素材メーカーなどの周辺産業への影響が大きいので、増産への期待は高まるばかり。また、化学工業や電気機器、情報通信機器などでも過剰在庫が急速に解消。鉄鋼業も在庫整理が一巡し、実需に見合った生産レベルに回復するとの見方が広がっている。

 日銀の見立てどおり、在庫削減がいまの景気の回復基調に大きく寄与していることは確かなようだ。

■消費の停滞懸念で「L字型」との見方も

 第一生命経済研究所の嶌峰義清・主席エコノミストは、「景気はすでに底を打った」とみている。企業の業績悪化を背景とする「5月危機説」も先行きの景気回復感が強まり霧散した。

 連休明けのフジサンケイビジネスアイが15人のエコノミストに聞いた緊急アンケートでも、回答者の4割が09年後半の景気回復を予測している。

 景気回復の基調は「ナイキ型」。NIKEのシンボルマークのような、緩やかな、しかし勢いを感じる形。「チェックマーク型」ともいう。

 「V字」回復と違って、「ナイキ型」は回復の「角度」が浅く、徐々に加速していく景気回復のパターンを指す。流星のような「勢い」が感じられる半面、流星のシッポにみられる「先細り」の印象もある。

 前出の嶌峰氏は「じつはエコノミストのあいだでは『L字』型ではないか、との見方もあります」と明かす。急激に落ちて、あとは横ばい。「底打ちはしても、回復感に乏しい状態が続く」というものだ。

 かつての急回復を示す「V字」型は、バブル崩壊後の業績悪化で人員削減などのリストラ策を徹底的に行った結果の業績回復で「痛み」が大きかった。今回の世界的な景気悪化でも、企業はかなり思い切った生産調整とそれに伴うリストラを断行。業績の「V字」回復を支えてきた非正規労働者などの解雇でまかなった。いまはそのツケが重く、なかなか浮上できないというわけだ。

 欧米でバブルがはじけて、バランスシートの調整により消費の停滞が懸念されることで、「経済成長率も回復後の米国で1~2%、日本でも1%程度が続く『L字』型を想定している」と、嶌峰氏も「L字」型という。


■関連記事
「巣ごもり」「内需」「低価格」 大不況でも儲かる会社のカラクリ : 2009/02/16
不景気でも「白物家電」は好調 「省エネ」「高機能」が市場牽引 : 2008/11/22
今売れているのはノート型 低価格パソコン戦争に東芝も参戦  : 2008/09/30
不況の今流行るかも 蟹工船に続く?(09年見たい映画上) : 2009/01/03

不況になんか負けないよ! ギャルは「知恵」で道を拓く : 2009/04/24

リンク:Yahoo!ニュース

三越伊勢丹と高島屋 業界盟主巡る激しい消耗戦


 2009年1月に民事再生法の適用を申請した北海道の老舗百貨店、丸井今井の再生支援企業に三越伊勢丹ホールディングスが決まった。4月中旬に新聞各紙やテレビ局がそろって有力と報じた高島屋を引きずり降ろしてスポンサーの座を確保した。少子高齢化や消費者の節約志向で国内の百貨店市場は縮小する一方だが、業界盟主の地位を駆けたメガ百貨店同士の消耗戦は激しくなる雲行きだ。

■「今回の件は序の口に過ぎない」

 「今回の件は序の口に過ぎない。似たようなケースはこれからも出てくる」。丸井今井のスポンサーに三越伊勢丹が決まったことに、高島屋の幹部は悔しさをにじませた。

 丸井今井の支援先には、もともと約10%強を出資し、役員を派遣するなど提携関係にあった三越伊勢丹が有力視されていた。

 だが、2月中旬に高島屋が急きょ、札幌本店だけでなく、不採算店舗である函館、旭川両店舗を存続させるとの条件で名乗りを挙げた。北海道に店舗がない高島屋にとっては、08年末まで北海道で最大のシェアを維持していた丸井今井のブランド力は魅力で、同社が得意とする地方店運営のノウハウを注入すれば「大丸に奪われた首位を奪還することは困難ではない」とにらんだためだ。

 1月中旬に丸井今井側から非公式な支援要請を受けていた三越伊勢丹は、現在の百貨店業界を取り巻く厳しい環境下でライバル百貨店が名乗りを上げることは想定外だったようだ。同社首脳は当初、「(店舗の存続を望む)地元の意向よりも経済合理性」(同社首脳)と強気な発言を繰り返し、三越札幌店と近接して立つ丸井今井札幌本店以外の閉鎖を示唆していた。

 スポンサー選びは、地域経済や雇用への配慮の点で高島屋有利との見方が広がるなか、一転して三越伊勢丹に軍配が上がったが、勝敗を分けたのは支援金額だったとされる。

 関係者によると、既存店舗の存続を重点に置いた高島屋は110億円を提示したが、三越伊勢丹陣営は130億円超を投入し、札幌本店の大改装を進める方針を提示、主力銀行である北海道銀行などの支持も獲得した。

■「大阪・福岡の陣」にも注目

 高島屋は悲願の北海道進出を阻まれた形になったが、鈴木弘治社長は「縮小する市場の中でもシェアを引き上げていく」と手をこまねいている様子はない。その熱戦の舞台になるのが「大阪・福岡の陣」だ。

 三越伊勢丹は統合後の第1号として2011年春、JR大阪駅前に新規出店することを3月末に正式発表した。同所では、高島屋との統合を目指すエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)傘下の阪神、阪急両百貨店が本店を運営しているほか、高島屋も大阪店を構える。三越伊勢丹の攻勢に対し高島屋などはいずれも増床などの改装を計画して迎え撃つ方針だ。J・フロントリテイリング傘下の大丸はそごう心斎橋本店の買収を決めたほか、近鉄百貨店も旗艦店を構えている。「北海道での宿怨」を駆けた顧客の争奪戦は、まず大阪を舞台に火蓋を切る。


■関連記事
セブン&アイ百貨店事業に大なた 「富裕層中心はやめる」と宣言 : 2009/04/25
「下取りセール」で消費喚起 百貨店、量販店、スーパー続々 : 2009/04/09
「百貨店でも値引きアリ」 森永卓郎発言は本当か : 2009/03/03
デパート特売戦略にテリー忠告 「首絞めてる。目先追うと売れなくなる」 : 2009/01/15

もそもそ動く姿が可愛い 「ウォンバットてれび」 : 2009/05/11

リンク:Yahoo!ニュース

Top|Next »

HOME

アニジャ

Author:アニジャ
なんでもブログμ(みゅ~)にようこそ。
このブログではフリーソフト・便利ツール・ファイル共有ソフト、裏技情報や漫画DLサイト・音楽・、Torrentサイト・動画共有サイトを紹介しています。

相互リンクや連絡先は
こちら



現在の閲覧者数:

また、当サイトは著作権物のファイル共有やダウンロードを推奨する物ではありません。知識としての記述であり、閲覧等は著作権法を十分理解し自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。